ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17467-1
  セーフティⅡを目指す医療安全
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約1.5時間

 「失敗を防ぐ」から「成功を増やす」安全マネジメントの具体策


指導講師

 
芳賀 繁
 株式会社社会安全研究所 技術顧問
 立教大学 名誉教授

 1953年生まれ。1977年に京都大学大学院修士課程(心理学専攻)を修了して、国鉄に就職し、鉄道労働科学研究所、JR鉄道総合技術研究所で鉄道の安全に関わる心理学、人間工学の研究に携わる。1995年東和大学工学部経営工学科、1998年立教大学文学部心理学科、2002年同教授、2006年立教大学現代心理学部心理学科教授などを経て、2018年4月から現職。ヒューマンファクターズ、交通安全、安全マネジメント等に関する研究・学会活動のほか、JR西日本「安全研究推進委員会」委員長、日本航空「安全アドバイザリーグループ」メンバー、京王電鉄安全アドバイザー、朝日航洋安全アドバイザーなどを兼任。専門分野は産業心理学、交通心理学、人間工学。著書として、『失敗(エラー)ゼロからの脱却:レジリエンスエンジニアリングのすすめ』(KADOKAWA)、『うっかりミスはなぜ起きる:ヒューマンエラーを乗り越えて』(中央労働災害防止協会)、他多数。



レジリエンスエンジニアリングに基づいた実践

プログラム

1.失敗だけに目を向ける弊害
 医療安全マネジメントの目標
 失敗を減らすマネジメントの弊害
 現在の安全マネジメントの暗黙の仮定
 人も自然も想定外
 マニュアルだけではうまくいかない

2.レジリエンスエンジニアリングとセーフティⅡ
 レジリエンスエンジニアリングとは
 レジリエンスの3つの能力と4つの要件
 安全の新しい定義
 セーフティⅠとⅡの関係

3.しなやかな現場力を創るには
 組織市民行動
 チーミングと心理的安全性
 クロスロード
 シミュレーショントレーニング

4.成功に目を向ける
 叱るより褒めよ
 Good Job報告
 ●ヒヤリハットは成功事例
 成功事例の振り返りと分析

5.まとめ
 セーフティⅡを目指す新しい安全マネジメントの実践


「萎縮医療」に陥らない安全管理の新発想
ねらい
 これまでの医療安全においては失敗の原因を探り、失敗しない手順をつくり、それを守らせることに主眼が置かれていたと言えます。もちろん、それはとても重要なことですが、現場がベストパフォーマンスを発揮するためには、「失敗を避ける」に加えて、「いい仕事」をするための医療安全の発想も必要です。いわば「医療安全2.0」とも言うべき医療安全の新しい取り組みについて、この領域の第一人者にご講義いただきます。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年12月12日(月)
講義時間 約1.5時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年2月6日(月)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「医療安全の新しい取り組みセーフティⅡを目指す」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671