録画配信 オンラインセミナー好評再配信:1回目

商品番号17475-2

130

専門性の高い看護師が地域で活躍する実践事例!

特定看護師・WOCナースによる同行訪問の基盤づくり

指導講師
講師写真

大山 瞳

株式会社日立製作所ひたちなか総合病院

TQM統括室 経営支援センタ データ管理係主任

特定看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師

 1991年に株式会社日立製作所水戸(現ひたちなか)総合病院入職。病棟や訪問看護、外来など様々な部署で経験を積み、2012年に皮膚・排泄ケア認定看護師となり、日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会コアメンバーとなる。地域の在宅ケアを担う方々と定期的に学びあい、在宅、施設への訪問看護にも応じ、地域ぐるみで褥瘡ケア、予防に取り組んでいる。2018年に訪問看護ステーションかけはし管理者、ひたちなか市在宅医療・介護連携推進事業 情報共有推進部会メンバー、2019年に特定看護師、終活ライフケアプランナー、メンタル心理カウンセラーとなり、「全人的ケア」を推奨している。


病院の枠を超えて自宅へ、地域へ !
同行訪問を可能にする体制整備の具体策

特色

病院から在宅まで、専門性を生かしたシームレスな看護を実践する!

「ひたちなかメソッド」による在宅褥瘡ケア介入を具体的に学ぶ!

 退院前・後に患者宅を訪問することは、患者の在宅生活をより具体的に把握でき、効果的な在宅療養支援につながります。2022年度診療報酬改定においても、専門性の高い看護師による同行訪問について褥瘡ケアに係る専門の研修を受けた看護師として特定行為研修修了者(創傷管理関連)が追加されるなど評価され、患者の在宅での生活をイメージするための有効な手段として注目されています。本セミナーでは、特定行為研修修了者や皮膚・排泄ケア認定看護師など専門性の高い看護師が地域に出て活躍するための基盤づくりと、実際に地域・現場に出て活躍するためのノウハウを講師の在宅褥瘡ケア実践事例から学びます。


プログラム

1.在宅医療・介護の推進が求められる背景

2.認定看護師・特定看護師 同行訪問の基盤の構築

3.同行訪問の運用

4.在宅褥瘡ケアの実践事例~ひたちなかメソッドによる在宅褥瘡ケア~

1.在宅医療・介護の推進が求められる背景

  診療報酬改定から見えること

  専門性の高い看護師による同行訪問の見直し

2.認定看護師・特定看護師 同行訪問の基盤の構築

  院内のコンセンサスを得る、確認する

  対象患者数の把握

  移動手段の検討

  患者説明内容、方法

  診療報酬算定の方法、支払い方法

  報告内容、ルート

  院内外へ周知

3.同行訪問の運用

  相談から訪問まで

  訪問の準備

  業務内容とスキル

4.在宅褥瘡ケアの実践事例~ひたちなかメソッドによる在宅褥瘡ケア~

◎視聴期間:14日間(講義時間130分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 12,000円 会員 9,000円
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:適宜、受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 sendai@nissoken.com お電話の場合は、 (022)261-7660 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら