録画配信 オンラインセミナー好評再配信:1回目

商品番号17497-2

150

日常的な看護指導場面の実践例で学ぶ

コーチングとティーチングの
“ナイス”な使い分け

指導講師
講師写真

石村珠美

看護師/GCS認定プロフェッショナルコーチ
東京医科大学 医学部 看護学科 非常勤講師

 製薬会社のアシスタントMRや病院での主任看護師、看護部専任教育担当、師長を経て札幌保健科学大学看護学部講師を経て現職。様々な施設の看護管理者による「DO、コーチング研究会」を発足し、コーチングを看護管理・教育の様々な場面で活用する学び合いを行う傍ら、現場の管理者に対するコーチングによる人材育成などの研究会講師も務めている。看護現場の様々な場面に合わせたコーチング活用の解説に定評があり、最近では看護協会や院内研修での講師を務める機会も多い。


特色

こんな時はどっちを使う!?
場面別・対象別の使い分けを根拠交えズバリ!

やってませんか質問返し?
「あなたはどう思う?」の
なんちゃってコーチングは恐怖を与えます!

新卒はもちろん、マンネリ気味の
中堅・ベテランや困ったスタッフに効果的!
コーチングとティーチングを
いい塩梅でミックスさせるコツ

具体的な指導・支援のセリフ例を豊富に!
明日からすぐに実践できる

 コーチングやティーチングを活用しながらスタッフ指導をしている方が増えていますが、その使い分けが正しくないケースが多いようです。自信が無く右も左もわからないような新人にコーチングしてみたり、経験のある中堅層や中途採用者にティーチングしてみたり…。指導方法は新人だから、中堅だからというわけではなく指導内容やシチュエーション、学習者のレディネス等によってコーチングなのか?ティーチングなのか?はたまたミックスなのか?が決まってきます。
 本セミナーでは、指導者層や師長主任を対象に今一度コーチングとティーチングを“今どき看護現場”にマッチした内容で学びます。いまどきの新人、モチベーションが怪しい中堅ベテラン、経験豊富な中途採用者、対応が難しい困ったスタッフ等々の対象別,指導や支援等のシチュエーション別の事例を豊富に展開します。その中で、コーチングとティーチングどちらが良いのか?ミックスさせるとしたらどうするのか?その理由は?をわかりやすく解説します。


プログラム

Ⅰ.まずはコーチングとティーチングをそれぞれしっかり学ぶ

Ⅱ.コーチング&ティーチングそれぞれが合う場合とその方法

Ⅲ.コーチングとティーチングどちらを使う?に迷う場面と実践例
~選択のポイントがわかれば、
現場指導・支援のレベルが格段にUP!

Ⅳ.コーチングとティーチングをいい塩梅でミックス!

Ⅰ.まずはコーチングとティーチングをそれぞれしっかり学ぶ

  あなたが日頃実施しているのはコーチング風? ティーチング風?~“なんちゃって”にならないための外せないポイント

  コーチングとティーチングの違い

  指導のヒント! 新人看護師・中堅看護師の心の声

  コーチング? ティーチング? それぞれ活用のポイント

  個人演習:会話例でクイズ形式に回答してみよう

Ⅱ.コーチング&ティーチングそれぞれが合う場合とその方法

  どんな場面にコーチング・ティーチングを活用すると良い?

  あなたは大丈夫? コーチング・ティーチングがNGの場合あれこれ

  ナイス選択! コーチング・ティーチングだからこそ成長した事例

  コーチングで主任&リーダー力を高めるには

  応用力をつける! 面接、日々の会話、指導…場面別でのコツ

  こんなときどうする? 指導がうまくいかない場合はどう考える?

Ⅲ.コーチングとティーチングどちらを使う?に迷う場面と実践例
~選択のポイントがわかれば、
現場指導・支援のレベルが格段にUP!

  コーチング>ティーチング事例:新人看護師編、中途採用看護師編、ベテラン看護師編

  コーチング<ティーチング事例:新人看護師編、中途採用看護師編、ベテラン看護師編

  困った看護師への対応の場合には?

Ⅳ.コーチングとティーチングをいい塩梅でミックス!

  コーチングとティーチングを使い分けるのはあなた次第!?

  コーチングとティーチングをうまく使ってモチベーションアップ!

  個人演習で仕上げ! コーチングとティーチングのチョイス&ミックス

◎視聴期間:14日間(講義時間150分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(20頁)
※冊子をご希望の方は別途1,500円(受講者に1冊のみ販売)。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 13,000円(冊子込み14,500円)
会員 10,000円(冊子込み11,500円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:配信期間延長中

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 sapporo@nissoken.com お電話の場合は、 (011)272-1821 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら