録画配信 オンラインセミナー

商品番号17620-1

170

実践事例で学ぶ臨床で遭遇する精神疾患の症状アセスメントとケア

対応が難しい精神疾患のある患者の関わり方と根拠が分かる

指導講師

大塚恒子

一般財団法人 仁明会 精神衛生研究所 副所長

前・一般社団法人 日本精神科看護協会 副会長

 天理高等看護学校(現・天理看護学院)卒業後、公益財団法人天理よろづ相談所病院と兵庫医科大学病院を経て、1996年に財団法人仁明会病院の看護部長に就任。2006年に日本看護協会の認定看護管理者資格を取得。2010年11月から仁明会精神衛生研究所副所長、訪問看護ステーション所長、現在に至る。一般社団法人日本精神科看護協会 副会長を歴任。主任時代の紆余曲折、実経験に基づく研修で好評を博す。「高齢患者の特徴を踏まえてケースに臨む」(精神看護出版)総編集、認知症ケアマニュアル(日本精神科看護協会編)


精神症状と脳の構造・機能の関連性が事例を通じて分かる

特色

疾患の特性や顕著な言動など正しい知識・根拠が分かる

その精神症状に踏み込むべき? or踏み込み厳禁?かが分かる

 精神疾患の患者さんに対して「困った、理解できない行動に対して、どうしたらよいか」という発想になりがちです。脳の構造・機能を踏まえて、アセスメントしてより良い適切なケアを提供することで症状を軽減・緩和させることが大切です。精神症状に対する「踏み込む、あるいは踏み込んではいけない」領域を見極めるアセスメント力を養うための根拠を理解し、講師の長年にわたる様々な事例を通じて学び、現場での実践に役立てることをねらいとします。


プログラム

1.脳の構造・機能を踏まえて精神症状をアセスメントする目的・ポイント

2.精神症状を呈する疾患

3.日頃遭遇する精神症状を脳の構造・機能を踏まえてアセスメント

4.ミスケアによって患者を混乱させる現状

1.脳の構造・機能を踏まえて精神症状をアセスメントする目的・ポイント

2.精神症状を呈する疾患

  ①脳機能の局在化とは

  ②症状をどのように捉えるのか

  ③事例紹介・カンファレンスで見直した内容

  ④脳機能の局在化/側性化

3.日頃遭遇する精神症状を脳の構造・機能を踏まえてアセスメント

  ①脳の構造・機能を踏まえた精神科看護のアセスメント

  ②事例紹介(統合失調症の症状、ドパミンの神経経路、事例の臨床推論、看護介入、脳の構造・機能)

  ③大脳辺縁系(海馬、偏桃体。帯状回、大脳皮質連合野、前頭葉障害・機能)

  ④頭頂葉の機能・障害、半側空間無視、地誌的障害

  ⑤側頭葉機能・障害

  ⑥島回の機能と低下

  ⑦前脳基底部の機能、睡眠

  ⑧大脳基底核の機能と低価

  ⑨大脳辺縁系に働きかける快刺激のケア

4.ミスケアによって患者を混乱させる現状

  ①正直で誠実な対応・ケアがなぜ混乱を招くのか?

  ②大脳辺縁系への働きかけ

  ③報酬系のドパミン

  ④事例紹介

5.まとめ

◎開講日:2024年2月14日(水)

◎視聴期間:14日間(講義時間170分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(52頁)
※冊子をご希望の方は別途1,500円(受講者に1冊のみ販売)。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 12,000円(冊子込み13,500円)
会員 9,000円(冊子込み10,500円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:ただいま受付中 
※24年5月8日(水)終了予定

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら

  • 申し込み画面へ進む※受講要領をご確認ください
  • ご視聴はこちら

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 tokyo@nissoken.com お電話の場合は、 (03)5281-3721 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら