録画配信 オンラインセミナー

商品番号17671-1

210

手技・行動レベルで学ぶ!

消化器内視鏡看護と
動画で学ぶ大腸の用手圧迫

指導講師
講師写真

青木亜由美

名古屋むらもと内視鏡クリニック栄院

看護師・消化器内視鏡技師

 1999年昭和大学病院に入職し、2003年から内視鏡センター所属。その後、2014年から昭和大学江東豊洲病院、2018年からNTT東日本関東病院(いずれも内視鏡センター所属)を経て、2023年4月より現職。大学病院からクリニックまで幅広く消化器内視鏡診療に従事する。日本消化器内視鏡技師会 評議員、会報編集委員会 委員長。東海消化器内視鏡技師会 役員。著書に、『看護の現場ですぐに役立つ消化器内視鏡看護』(秀和システム)、『大圃流 消化器内視鏡の介助・ケア』(羊土社)などがある(いずれも共著)。


病院・クリニックによる違いも踏まえて
看護のポイントを学ぶ

 消化器内視鏡検査・治療の看護を実践するには、検査前・中・後に行うことはもちろん、患者の心身状態、使用薬剤や使用機器の特徴、感染管理など、幅広い知識とケアポイントを身に付ける必要があります。本セミナーでは、病院・クリニックでの内視鏡看護経験の豊富な看護師が看護のポイントや留意点を伝授します。


プログラム

1.消化器内視鏡の医療現場の特徴

2.消化器内視鏡で必要な知識と留意点

3.消化器内視鏡看護の実際とポイント

4.動画で学ぶ 大腸内視鏡検査での用手圧迫・介助のポイント

1.消化器内視鏡の医療現場の特徴

  多職種協働の現場でのタスクシェア・シフト

  病院、クリニックでの看護師や他職種の勤務体制の違い

  看護師の役割

2.消化器内視鏡で必要な知識と留意点

 1)消化器内視鏡で使用する薬剤の特徴と留意点

  前処置に使用する薬剤

  腸管洗浄剤

  注射薬

 2)消化器内視鏡治療で使う高周波装置

  高周波装置を用いた切開・凝固のメカニズムや特徴

  対極板の取り扱いと使用時の注意点

 3)感染管理

  消化器内視鏡の洗浄・消毒

  内視鏡検査場面での手指衛生

3.消化器内視鏡看護の実際とポイント

 1)検査前

  問診

  前処置

 2)検査中

  鎮静薬使用時の看護―患者管理、緊急時対応

  覚醒下検査時の看護―声かけ、タッチング、唾液の処理

 3)検査後

  リカバリー対応

  検査後の説明

 4)内視鏡看護記録

4.動画で学ぶ 大腸内視鏡検査での用手圧迫・介助のポイント

  大腸の構造の特徴

  【動画】大腸内視鏡の挿入法―Push法、軸保持短縮法

  【動画】用手圧迫の目的と介助の実際

  体位変換の活用、難しい症例への対応

◎開講日:2024年4月25日(木)

◎視聴期間:14日間(講義時間210分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(90頁)
※冊子をご希望の方は別途2,000円(受講者に1冊のみ販売)。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 12,000円(冊子込み14,000円)
会員 9,000円(冊子込み11,000円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:ただいま受付中 
※24年7月18日(木)終了予定

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 osaka@nissoken.com お電話の場合は、 (06)6262-3215 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら