録画配信 オンラインセミナー

商品番号17679-1

265

前方連携強化
マーケティング戦略
連携室の役割・実践

指導講師
講師写真

十河浩史

倉敷中央病院リバーサイド
事務長/地域連携部長

講師写真

大前徹也

淀川キリスト教病院
地域医療連携センター 地域連携課主任

講師写真

松岡佳孝

済生会熊本病院
医療連携部 地域医療連携室室長

講師写真

松本 卓

合同会社つなぐ 代表

十河浩史:1991年同志社大学卒業、2015年岡山大学大学院組織経営専攻(MBA)修了。(株)ケンウッド国内営業・商品企画を経て2003年倉敷中央病院に入職。経営視点のマーケティング・組織開発を生かし医事、地域連携部門に従事し2020年10月から現職。

大前徹也:1993年神戸大学卒業後、OKIに入職。東名阪のBtoB営業を経て2011年淀川キリスト教病院へ入職。人間ドックの営業を経て、2016年より現職。医師とともにクリニック訪問活動を行なっている。

松岡佳孝:2012年熊本県立大学卒業後、済生会熊本病院に入職。医事部門を経て、2016年に地域医療連携室に異動。前方連携の強化に従事し、マーケティングと営業企画業務の構築を行う。一般社団法人病院マーケティングサミットJAPANでは、2022年より医療マーケティングディレクターを務める。

松本 卓:2006~2023年小倉記念病院在籍。医事、人事、管理業務を経て、企画広報課へ。Web、SNS、メディアリレーション、イベント、動画マーケティング、クリエイティブなどコミュニケーションデザインを統括。2023年より現職。病院マーケティングサミットJAPANにて刊行された「小倉記念病院のV字回復に学ぶ最高収益を生み出す病医院マーケティング」(日経BP)、「病医院PRレベルアップ講座」(日経メディカル)、「病院経営事例集:病院マーケティング新時代」(エムスリーキャリア)などの執筆にも関わっている。


 病院経営を取り巻く環境は悪化しており、患者増への取り組みは重要な業務となってきている。紹介元医療機関への営業活動や広報活動は連携室職員の腕の見せどころではないだろうか。このセミナーではマーケティング理論とその応用、営業の極意、顧客管理のDX、広報活動の実際など多様な視点で前方連携の進化と強化の手法をお伝えする。


プログラム

第1部実践すべきマーケティング戦略と連携室の役割〈十河浩史氏〉

第2部クリニックへの営業の極意と同行医師マネジメント〈大前徹也氏〉

第3部1から始める前方連携 ~CRM(顧客関係管理)ツールの共同開発とDX〈松岡佳孝氏〉

第4部マーケターの発想で進める病院広報活動〈松本 卓氏〉

第1部実践すべきマーケティング戦略と連携室の役割〈十河浩史氏〉

 1.15分でわかるマーケティング理論

 2.医療圏における需要予測と自院の分析

 3.患者・地域住民へのマーケティング

 4.紹介元へのマーケティング

 5.マーケティング戦略と連携室の役割

第2部クリニックへの営業の極意と同行医師マネジメント〈大前徹也氏〉

 1.クリニック訪問営業の目的・意義

 2.自院の何をアピールするのか

 3.訪問営業の手順と注意点 ~「心得帳」と「べからず集」

 4.同行医師を「マネジメント」するポイント

第3部1から始める前方連携 ~CRM(顧客関係管理)ツールの共同開発とDX〈松岡佳孝氏〉

 1.マクロ環境から前方連携を考える

 2.外部環境・内部環境の理解

 3.済生会熊本病院 地域医療連携室 ~foroCRM誕生物語~

 4.実践編! 前方連携の現在地とCRMツールを用いた営業人材の育成

 5.これから求められる機能分化とは ~データに基づいた議論をしよう~

第4部マーケターの発想で進める病院広報活動〈松本 卓氏〉

 1.ある治療の入院患者増 ~その戦略的思考

 2.「紹介された患者」と「紹介させた患者」

 3.広報誌の郵送先をどうしてますか

 4.訪問営業や連携会のやり方を工夫する

 5.医師を協力的にさせるには

◎開講日:2024年4月8日(月)

◎視聴期間:14日間(講義時間265分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(84頁)
※冊子をご希望の方は別途2,000円(受講者に1冊のみ販売)。
※第4部の内容はテキストには含まれません。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 14,000円(冊子込み16,000円)
会員 11,000円(冊子込み13,000円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:ただいま受付中 
※24年7月1日(月)終了予定

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 fukuoka@nissoken.com お電話の場合は、 (092)414-9311 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら